Web制作 > 多言語Webサイト制作

多言語Webサイト制作

  

Web制作はグローバル経済に対応できる多言語Webサイト制作の時代へ

Web制作の多言語化サービスイメージ

近年、日本企業の海外進出が目覚ましいのはご承知の事と思います。『海外進出は資本力のある大企業のやること。当社のような中小企業は・・・』そのように思い込んでいませんか?
日本を支える中小企業の高い技術力・商品は思った以上に海外からの需要があるのです。
しかも資本力・年商・従業員数も決して大きくない企業の海外取引増加が顕著です。貴社のWebサイトを多言語対応することで、機会損失の減少はもちろん、ビジネスチャンス拡大が図れます。

  

Web制作の多言語化のポイント1

注目度が上がるにつれて、多言語Webサイト制作に新規参入する企業も増加しています。しかし、アレクは創業40年の歴史の中でグローバルな事業展開をしている企業様とお取り引きがございます。 そのため、早い段階からクリエイティブ部門では各国に合わせたローカライズに取り組んできた実績がございます。そして目覚ましい発展を遂げている新興国のカルチャーなどのトレンドの研究も常に行っております。 単に翻訳しただけではない、その国の文化に馴染むWeb制作ができる最大の理由です。

  

Web制作は海外向けWebソリューションが充実のアレク

一番注目を集めている中国マーケットを例にあげると、検索エンジンのシェアNo1は『百度(バイドゥ)』です。百度での検索で上位表示させる方法は?。中国で一番ネットが利用される時間帯は?これらの質問に明確に答えることができますか?
また諸外国での個人向けECも日本とは事情が違います。『バカンスで家を留守にするから商品の発送は2ヶ月後で』というメールが来ることもあります。通関で2ヶ月くらい発送済み商品が止められてしまうことが多い国はどこでしょうか?
このように海外取引経験がない企業にとっては、Webサイトを多言語化した後の運営ノウハウが欠如しているのが現実です。アレクが選ばれるのは、ネットによる海外取引のノウハウも適時アドバイスできるからです。

  

Web制作だけでなく海外向けツールが一度に揃う

既に海外展開している企業様、これから検討される企業!海外向け販促ツールの制作を一元化しませんか?
Web制作で使用した文字原稿・写真を活かして海外向けカタログを制作することでコスト削減が可能です。アレクならWeb制作のみならず、各種印刷物・ノベルティグッズなどを一度で揃える”ワンソース・マルチユース”が可能になり、貴社のスピード経営のお手伝いができます。

  

  

インターネットで海外通販して、トラブルになった時はどちらの国の法律が適用されますか?
経済産業省の海外向けインターネット通販トラブルの法的な問題点やリスクを軽減するための報告書をご参照ください。
http://www.meti.go.jp/press/20100916001/20100916001.html

  

現在のWebサイトにローカライズしたページへのリンクを貼るだけでいいのでしょうか?
既に海外展開して知名度のある企業様なら問題ありません。本格的に行うなら、国別ドメイン(中国なら.cnドメイン)を取得して、サーバーもその国のサーバーを借りるのがベストです。面倒な手続きもアレクに御任せください。

  

多言語サイトが魅力的なのは理解できましたが、自社でどのように活用すればいいのか思いつきません
多言語サイトは大別すると以下の3つのパターンに分類されます。些細な事でもお気軽にお問い合わせください。
■全世界に向けた多言語サイト ------- 世界各国に拠点を持つ大企業向け
■海外の顧客を増やすための多言語サイト ------- 海外に売れる、売りたいサービス・商品をお持ちの企業向け
■訪日外国人をメインターゲットにした多言語サイト ------- 観光業・都市圏ホテル・日本の名産品を扱う企業向け

  

↑ ページの上部へ

Web制作の基礎知識

デザインの基礎知識